ふたご座流星群がピークに!

  • 2019.12.14 Saturday
  • 11:05

JUGEMテーマ:日々徒然

今日12月14日から15日未明にかけて「ふたご座流星群」がピークになるようです。

しかし、一昨日が今年最後の満月(クールムーン)で月の明るさで流星が見づらいとのこと。

折しも、和歌山県紀美野町では昨日12/13に「ふたご座流星群観望会」のイベントがありました。

「天体観察に星空解説」や「星空コンサート」も開かれるので興味半分出かけてきました。

日の入り直前の4時半ごろに到着、西の空に沈む夕陽も見ることができました。

放射状に広がる雲が僅かに朱く染められています。

そして、陽が沈んだ6時頃、北の方から南方向へとゆっくりと移動する星ではなく「国際宇宙

ステーション」を初めて見ることができました。15分から20分程で視界から消える速さでした。

期待していた満天の星空と流れ星は、湧き出した雲に遮られて見えず残念。

傘を被った月に、時々雲間から僅かに顔を覗かせる星が見えるだけでした。

それでも2〜3回は流れ星に出会って会場は大歓声に!。22:00過ぎ、諦めて帰路につきました。

今夜から明日の未明、晴れていれば自宅で観察したいと思っています。

 

コメント
コメントする