大仙公園・日本庭園の紅葉と演奏会

  • 2019.12.02 Monday
  • 10:59

JUGEMテーマ:日々徒然

早や師走に突入、今年も残すところ1ヶ月を切りました。12月は特に時の流れを速く感じる

時期、クリスマスにお正月はアッという間に訪れることでしょう。時の流れに押し流される

ことなくマイペースで過ごせればと願っているところです。

季節は移ろい紅葉の時期も終わりに近づいてきています。大仙公園の日本庭園では昨日まで

紅葉ライトアップ中で、昨夕はライトアップされた紅葉をバックに”サックスフォーン四重奏”

の演奏会があり出かけてきました。

    日本庭園の池に設置された特設ステージでの演奏風景

 

 

ライトアップされて池にも映える紅葉、幽玄な世界を醸し出しています。

 

ライトアップされる前の日本庭園(夕景)

 

 

”串柿の里・四郷”と近隣ドライブ紀行

  • 2019.11.25 Monday
  • 11:18

先に投稿した”串柿の里・四郷の秋風景”の続報です。

串柿が干された秋の風物詩を堪能した後、近くの「堀越癪観音」に立ち寄りました。

「本尊・十一面観世音菩薩」が安置される本堂前には銀杏の大樹が、またその脇には

樹齢5〜6百年の山茶花の老樹があり、古い歴史を感じ取ることができました。

本堂と銀杏の大樹

山茶花の老樹(今までに見たことがない幹の太さ)

道すがら”文蔵の滝”がありそこにも立ち寄ってみました。滝の手前で焚火にあたる人たちと

出会いお話していると、何と滝行で冷えた身体を温めているところとのこと、週に1回滝行に

通っているそうで唯々驚くばかりでした。滝壺へは崖伝いにロープを頼りに渡る必要があり

何とか濡れずに滝壺へ、まるで洞窟の中に流れ込むような感じの滝でした。

道の駅で昼食を済ませた後、ホタルの里として知られる天野の里まで足を延ばしました。

世界遺産にも登録されている”丹生都比売神社(にゅうつひめじんじゃ)”に参拝、折しも紅葉が見頃を迎え

ていました。

 

 

”串柿の里・四郷”の秋風景

  • 2019.11.24 Sunday
  • 14:28

11月下旬の我が家の行事となっている干し柿作り、今年も21日に100個程吊るしました。

干し柿を作っていてふと思い出したのが和歌山県かつらぎ町の”串柿の里・四郷”の秋風景。

軒先や道路に面して吊るされた串柿、陽に照らされて橙色に輝くあの風景、まさに日本の

原風景と言っても過言ではない。快晴となった昨日23日出かけてきました。

            <四郷の里の秋の風物詩「串柿」>

串柿は1本の串に外側に2個と中に6個の合わせて10個を刺している。(5個の場合もある)

これは数合わせによる家内安全、健康祈願の意味もあるようです。

『いつもニコニコ(2個2個) 仲むつ(中6つ)まじく 共に白髪(白い粉)の生えるまで』

 

 

 

柿畑

串柿の風景を堪能した後、東谷地区の「堀越癪観音」や世界遺産登録された「丹生都比売神社」

等を巡りました。日を改めてその時の写真を投稿したいと思います。

里の紅葉

  • 2019.11.18 Monday
  • 15:52

JUGEMテーマ:日々徒然

一気に季節が進み、暖房が恋しくなってきました。そして、紅葉は山から里へと下りて

きました。近くの街路樹が朱く紅葉しています。

和泉市の”みずき台”へと続く街路樹、紅葉葉風(もみじばふう)という種類でしょうか?。

 

そして、そこからほど近い”松尾寺”でも木々がきれいに紅葉していました。

 

 

天王山ハイキング15,000歩

  • 2019.11.16 Saturday
  • 15:48

JUGEMテーマ:山登り&ハイキング

絶好のハイキング日和となった昨日(11/15)、いつものハイキング仲間と天王山を

歩いてきました。5〜6年前に出来た阪急京都線の新しい駅”西山天王山駅”から小倉神

社へ、そこから天王山登山道を休憩を含めて70〜80分で標高270.4mの山頂に到着。

昼食後、酒解神社、十七烈士の墓、宝積寺を経てJR山崎駅へと下山。登山道には秀吉

の天下取り物語を解説した”秀吉の道”陶版画が設置されていました。天王山は、秀吉

が明智光秀を討った山崎合戦の地、歴史に思いをはせて歩くのも一興です。

山崎合戦に際し秀吉が先勝祈願したと言われる”小倉神社”と、天王山登山道入り口

 

天王山山頂

酒解神社本殿と紅葉、そして鳥居の向こうには大阪・京都市街が。

 

旗立松展望台からの眺め、右中央部で木津川、宇治川、桂川が合流して淀川となる地点

青木葉谷展望広場からの眺め(大阪平野)

そして宝積寺へと下山、桃山時代建立の秀吉の「一夜の塔」と呼ばれる三重塔

孫の七五三で東京へ

  • 2019.11.13 Wednesday
  • 11:08

JUGEMテーマ:日々徒然

三歳になった長女(孫)の七五三で11月7日〜11日東京へ行ってきました。

9月の長男(孫)の宮参りの時はずっと曇り空に雨の日が続きましたが、今回は

帰阪する11日のみ雨でその他の日は好天続き、お陰で青空の下無事七五三参りも

済ませることができました。

その間、当BLOGも滞っていましたが、久しぶりの投稿となりました。

往路11月7日、新幹線車中から山頂に雪を頂いた富士山を見ることができました。

翌11月8日、マンションから朝焼けの富士山が。(左:エレベーターホールから、右:ベランダから)

 

スカイツリーいろいろ(11/7:日章旗バージョン、11/8:グリーンバージョン)

 

11月9日(ソラマチから見上げるスカイツリー)、11月10日(隅田川とスカイツリー)

 

七五三参りの「亀戸天神社」、丁度菊花展が開催されていました。

 

長女(孫)の晴れ姿

長男(孫)も4ヶ月でよく笑ってくれました。

お姉ちゃんぶりを発揮しているが、まだまだ気が抜けない状況

今朝も”うろこ雲”、案の定曇り空に・・・

  • 2019.11.03 Sunday
  • 14:31

JUGEMテーマ:日々徒然

”うろこ雲は天候悪化の前兆”、過日も投稿したようにうろこ雲が現れた翌日は雨でした。

今朝も散歩から帰ってくると今日は西の空にうろこ雲が、そしてしばらくすると東の空

にもうろこ雲が現れました。

西の空に現れた”うろこ雲”

少しして今度は東の空に”うろこ雲”

しばらくすると”うろこ雲”は消え青空が、しかし昼過ぎにはどんよりとした曇り空に・・・。

すすき原が広がる「曽爾高原」へ

  • 2019.11.01 Friday
  • 16:55

11月に突入、令和元年も残すところ2ヶ月となりました。29日の氷雨の後は秋らしい

爽やかな晴天が続いています。まさに行楽の秋そのもの、じっとしておられず季節の

風物詩を求めて昨日(10/31)すすき原が広がる「曽爾高原」へ出かけてきました。

曽爾高原ファームガーデンに駐車、東海自然歩道を歩くこと約30分で「青少年自然の

家」に、そこからいよいよすすき原が広がる曽爾高原へと歩を進める。

「青少年自然の家」から亀山峠へ

亀山峠が目の前に・・・

亀山峠手前から真下にはお亀池が・・・

亀山峠(810m)−亀山(849m)を経て高原を周遊、遊歩道からの高原の全容

遊歩道では「河原ナデシコ」に「りんどう」の花が咲いていました。

 

大峰山系・釈迦ヶ岳(1799.6m)へ

  • 2019.10.29 Tuesday
  • 10:13

JUGEMテーマ:山登り&ハイキング

低気圧や台風で雨の日が続いていましたが先週末から3日間ほど久しぶりに青空が

戻ってきました。今日(10/29)もまた氷雨が降り出していますが・・・。

その青空を狙って10/27(日)友人を誘って大峰山系の秀峰”釈迦ヶ岳1799.6m)”

を登ってきました。早めに出かけたものの登山口の駐車場はすでに満車、林道にも

多くの車が停まっていました。

10:20登山開始、約2時間20分で釈迦如来像が鎮座する山頂へ。山頂は霧で視界ゼロ、

雄大な大峰山系の眺望を楽しむことができなかった。しかし、視界を遮る木々のない

稜線はクマザサだけで、また登りも緩やかで久しぶりの楽しく爽快な登山を楽しむこ

とができました。

下記のアルバムに”登り、下り”の風景を掲載しましたので覗いてみてください。

🔶🔶🔶 アルバム『大峰山系・釈迦ヶ岳:1799.6m』 🔶🔶🔶

     アルバムのURL http://30d.jp/shashinhaze/29

     上記URLをクリックすればアルバムが開きます。

 

まるで高原散歩の様な緩やかなクマザサ茂る登山路を行く

 

霧で霞む「釈迦ヶ岳山頂付近」

大日岳のシルエット

釈迦如来像が鎮座する標高1799.6mの釈迦ヶ岳山頂(霧で霞んで見える)

下りでは時々青空が覗き、大日岳の紅葉も幽かに浮かぶ

登山路からの紅葉した木々

 

 

東の空に綺麗な”うろこ雲”が・・・!

  • 2019.10.23 Wednesday
  • 10:17

JUGEMテーマ:日々徒然

すっかり秋の気配となりました。朝散歩から帰って東の空を見上げると綺麗な雲が

広がっていました。”いわし雲”、”鯖雲”、”うろこ雲”、雲の名前は・・・?。

ネット検索すると正式名称は”巻積雲”で、見え方によっていろいろな呼び名がついて

いるようです。今朝のこの雲は差し当たって”鯖(さば)雲”でしょうか。

低気圧や前線が近づいているときに現れやすく天気が下り坂で雨が近づいている前兆とか。

昨夕には綺麗な夕陽が見られ今日は青空が広がっています。また、雨か!。ため息交じり!

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM